タイトル
     2017年度  歯学部 日英区分:日本語 
  
歯科補綴学(1) 実習
Removable Prosthodontics
  
時間割コード 科目分野 昼夜
311104J    
科目ナンバリング
 
選必区分
 
担当教員(ローマ字表記)
  市川 哲雄, 永尾 寛, 渡邉 恵, 石田 雄一, 矢儀 一智, 後藤 崇晴, 岩脇 有軌, 松田 岳 [Tetsuo Ichikawa, Kan Nagao, Megumi Watanabe, Yuichi Ishida, YAGI KAZUTOMO, GOTO TAKAHARU, IWAWAKI YUUKI, MATSUDA TAKASHI]
授業形態 単位数 曜日・講時
    木4〜7
対象学生
4年次
授業の目的  
講義で得た知識をもとに,全部床義歯および部分床義歯製作の基本的手技を修得する.
 
授業の概要  
本実習は徳島大学歯学部のなかで最も時間数が多く,個人単位で,しかも,完成までの連続した実習であるため,欠席するとその分装置(作品)の完成が遅れることになる.常に体調を整えてすべての実習に参加することも大切な課題の一つである.また,装置(作品)の上手下手よりも実習に取り組む姿勢,熱意を重要視したい.
 
キーワード  
全部床義歯, 部分床義歯
 
先行/科目  
 
関連/科目  
 
到達目標  
No.到達目標コアカリ
1 可撤性義歯の種類、目的および意義を説明できる。 <E-3-4)-(2)可撤性義歯-②>
2 可撤性義歯の咬合様式とその意義を説明できる。 <E-3-4)-(2)可撤性義歯-⑤>
3 可撤性義歯の構成要素を説明できる。 <E-3-4)-(2)可撤性義歯-⑥>
4 咬合採得する下顎位と咬合採得法を説明できる。 <E-3-4)-(2)可撤性義歯-⑧>
5 下顎位・下顎運動の記録法を説明できる。 <E-3-4)-(2)可撤性義歯-⑨>
6 可撤性義歯の製作に必要な材料の特性を説明でき、各基本的操作を適切に行うことができる。 <E-3-4)-(2)可撤性義歯-⑩>
7 可撤性義歯の製作過程を説明でき、基本的手技ができる。 <E-3-4)-(2)可撤性義歯-⑪>
8 可撤性義歯の設計原理を理解し、口腔内診察、検査、診断模型およびエックス線写真等により適切に設計を行うことができる。 <E-3-4)-(2)可撤性義歯-⑫>
 
授業の計画  
大項目中項目内容担当者到達目標
1 全部床義歯学 ガイダンス,個人トレー製作 実習説明,トレー外形線,個人トレーの圧接 学生を3班に分け,各班1人のチーフインストラクターをつける. 7,10-12
2 咬合床の製作 基準線の記入,リリーフ,ブロックアウト,床用材料圧接
3 咬合堤の製作 5,8-11
4 咬合採得 ファントムを使った咬合採得
5 咬合器装着 スプリットキャスト,咬合器装着,フェイスボートランスファー(デモ)ゴシックアーチ(デモ),チェックバイト(デモ),顆路調節(デモ)
6 人工歯排列 上顎前歯人工歯排列 4,5,8-11
7 下顎前歯人工歯排列
8 下顎臼歯人工歯排列
9 上顎臼歯人工歯排列
10 歯肉形成 蝋義歯完成
11 埋没,咬合器再装着 埋没(デモ),咬合器再装着 10,11
12 レジン重合,削合 流蝋,填入(デモ),中心咬合位の削合
13 削合 割出,咬合器再装着(デモ),偏心位の削合
14 研磨 形態修正,研磨(デモ)
15 完成 提出物の完成
16 部分床義歯学 ガイダンス,個人トレー製作 平行測定,トレー外形線,リリーフ,ブロックアウト,スペーサー,ストッパー,個人トレーの圧接 2-4,6,7,10,11
17 レスト座形成 床外形線,サベイング,レスト座形成 2-4,6,10,11
18 設計 リリーフ,ブロックアウト,ワイヤー屈曲
19 耐火模型作製 ワイヤークラスプ研磨,複印象,模型材注入
20 ワックスアップ 耐火模型表面処理,ワックスアップ
21 埋没 スプルーイング,埋没
22 鋳造 鋳造,形態修正,研磨
23 咬合床作製 床用材料圧接,咬合堤 2-4,6,8-11
24 咬合採得 咬合採得,人工歯排列 5,8-11
25 歯肉形成 人工歯排列,歯肉形成
26 削合 歯肉形成,削合 (中心咬合位)
27 重合,設計 埋没・流蝋・填入・重合,症例配当 10,11
28 研磨 開輪・割り出し・形態修正・研磨,設計
29 設計 症例検討会,症例再配当 1-4,6,10-14
30 完成 提出物完成 10,11
 
教科書  
 
参考書  
参考書1 ISBN 9784263455807
書名 コンプリートデンチャーテクニック 第5版
著者名 出版社 医歯薬出版 出版年 2005
備考
参考書2 ISBN 9784263456019
書名 パーシャルデンチャーテクニック 第4版
著者名 出版社 医歯薬出版 出版年 2006
備考
 
教科書・参考書に関する補足情報  
 
成績評価方法・基準  
全部床義歯学実習と部分床義歯学実習について筆記試験を行い,それぞれについて評価する.また,作品,実習態度も評価の対象とする.
全部床義歯学実習:テスト(50点)+実習点(50点)の100点満点で60点以上を合格とする.
部分床義歯学実習:テスト(50点)+実習点(50点)の100点満点で60点以上を合格とする.
※実習点とは,出席状況,作品,実習態度を評価したもの
 
再試験の有無  
行わない
 
受講者へのメッセージ  
やむを得ず欠席する場合は速やかに担当教員に連絡すること。
毎回の実習の最後に、次回の実習内容を説明するので、スムーズに実習が行えるよう教科書、実習書等で十分予習を行うこと。
 
WEBページ  
 
学生用連絡先  
匿名アクセスではこの情報は閲覧できません。
 
学生開示用メールアドレス  
匿名アクセスではこの情報は閲覧できません。
 
オフィスアワー  
月-金 17:00-18:00
 
備考  
 
ページの先頭へ